H ZETTRIO 様のMUSIC VIDEOにてオーガニックデザインが手がけたReBarにて演奏をして戴きました。有り難うございます。

“また会いましょう(See you again)”performed by H ZETTRIO 軽快なリズムと透明感のある曲でとても良い曲だと思います!H ZETTRIOさん頑張ってください。

IF Award 受賞しました。

理解あるお施主様と腕の良い施工会社により、完成しました。こんな賞まで取れました。有難うございます。 https://www.value-press.com/pressrelease/236095

このRe Bar WALLは空間相互に伝え合う、鉄筋(Re Bar)メッシュによって、モチベーションが促され、影響しあえる空間構成を試みました。

長い道のりだったけれど、あと一息で。

来週行政検査が予定されており、来月に引き渡しを予定している建物が大詰めを迎えている。この建物も2年以上も前からのプロジェクトであり、長い道のりを経ていまの状況になっている。建物は検査前2ヶ月位から細かいディテールなどを粘りと渾身で伝えて、予算範囲以内で最大限の効果を出すように綿密に再確認、最終アップデートをする。それゆえ、具現化が目の前でカタチになっていく様子や体験は、この仕事の醍醐味である。職人もがんばり、現場監督もがんばり、同じ方向を向いて、ゴールに向かう感じある。サッカーで言えば、ボールのパスを設計–現場監督–職人、設計–各業者へと、「どうしますか?」「これで良いですか?」など、確認し合い、パスを出し合う感じに似ている。上手く納まったときは、「素晴らしいよー、ありがとう」と感謝と労いを職人に直接かける。すべてがこう行きたいが、そうもいかない、、、笑

「あれ、これ違うんじゃない?」「あれ、これ反対じゃない?」笑など、いろいろ出てくるものだ。締め切りが迫っているので、土日も納めている中、皆もたまに間違える。人間だからそいうこともある。

そんな中、出来上がってきたものは産みたてほやほやな感じで、光と影だけでの建築を見えるのも今しかない。

そうだ、学生のころ設計バイトして、このできる直前のエリアに入れることを感動したのを思い出した。こういう瞬間がこの仕事での楽しみである感じる。若ければ、ワクワク感、私が言えば、建物が産声を上げる前の感動を孕む瞬間だと思う。

新年、明けまして御目出度うございます。2020

OrganicDesign ArchitectureStudio

大学授業でのプレゼンテーション 後期設計3クラス

今年の大学「設計クラスⅢ」での授業は、去年と設計の課題が変わり難易度が増し、教える我々講師陣も手探りで始まりました。19,20才の大学2年生が設計を初めてするにあたり、「どうやって設計ってしたら解らない?」というような漠然とした「不安な気持ちによる迷い」や、自分自身の設計やコンセプト作りでやりたいことを見いだせない気持ちや焦りなど、学生が四苦八苦しながら勧めているのが伝わってきて、それが大変自分にも理解できます。そういう心境に陥ることは自然で有り、ものづくりにおける不可避な部分だと思うのです。建築設計は、「答えが一つに決まっていないもの」であり、「間違えた答え」というのも明確にありません。その言葉だけ聞くと「できそうだ」と思うのですが、敷地や環境を分析、調査し、類例などのリサーチ、与えられた要求施設のプログラムを建築に組み込み、その上で、自分が考えるコンセプトを掲げ、デザインを纏めることは、かなり難しい作業です。理論の積み上げや、多角的視点、社会や都市の問題点との向き合いなど、建築家として養成される学生がこなすトレーニングは、平面や立体を超えた概念も組み込んだパズルでカタチを作っていくというところでしょうか。それを毎回の授業で1人の先生に学生12名くらいと順々に対話していきます。デザインに対しエネルギー余る学生や、自信なげな学生、バイトで設計授業などと言わんばかりな学生まで、いろんな学生が前を向いて頑張っています。

今年の我々が担当した学生は最後には優秀な域までたどり着きました。ほんと頑張ったと言ってあげたいですし、今回選抜されなかった人でも、まだまだこれからあるので心配しないで欲しいです。今回のこのクラスの学生たちは設計トレーニングを確実に踏んでいると思います。デザインを生むことの難しさ、苦しみ、手が動かない、そういうことを経験することが、デザイナーになることで必要な事でもあるのです。経験すれば必ず出来ていくものです。諦めず、粘って続けて欲しいですね。

葛西臨海公園はまだまだモダンであり、美しい公園 建替え議論などはありえない。

葛西臨海公園は学生時代にできた建築家( 谷口吉生 氏)の才能を目の当たりにできた思い入れのある建築であり公園です。単なる水族館ではない、建築や空間を楽しむことができ、カフェもモダンだった。メインの外観はガラスの箱で人々が建物に浮遊する様を感じられ、視線の展開が感じられて、ランドスケープを楽しむ導線になっている。いまだに子供と行くことがある。デザインがしっかりしていると素材の経年が発生しても骨格空間は時の経過を感じさせないものだ。

This is an emergency symposium titled “Consider the sustainability of Tokyo Sea Life Park”from 13:00 on December 19 at Architectural institute of Japan, shiba,Minatoku.

Its aim is to request the Tokyo Metropolitan Government to consider the sustainability of the existing aquarium and create an appropriate future masterplan for Tokyo Sea Life Park, consisting of main aquarium, freshwater aquarium and its surrounding park.

The aquaria, designed by Yoshio Taniguchi, a world-renowned architect, who also designed The Museum of Modern Art, New York, and The Okura Tokyo, are in danger of being demolished.

Tokyo Sea Life Park was opened in 1989. The aquarium became now Tokyo’s most valuable cultural and recreational facility after it has welcomed 55 million citizens since its opening.

After 30 years of its construction, the aquarium has problems to be solved, such as deterioration of rearing equipment, and insufficiency of accessibility for the elderly and disabled.

Upon those issues, Tokyo Metropolitan Government held a committee in 2018 to investigate the sustainability of Tokyo Sea Life Park and drew up a report. The Government also held a meeting of the investigation committee of business planning for Tokyo Sea Life Park in this year.

However, the meeting of the investigation committee was held on the assumption that the existing aquarium does not function as an aquarium any more due to its deterioration. The government is even planning to build a new aquarium without any discussion on the future of the existing aquarium.

Tokyo Metropolitan Government has not mentioned anything clearly yet, however, it is most likely that the existing aquarium will be demolished

In order to sustain the existing building, it is necessary now;
– to reinvestigate the function of the existing aquarium,
– to discuss its value as architecture and culture,
– to consider use of the existing aquarium in the future, and
– to examine sustainable and sound operation policy of the aquarium.
By doing the above, we can follow Tokyo Metropolitan Government’s environmental policy, “Creating a Sustainable City”.

二年越しの設計 (企業本社ビル・住宅)

久しぶりの更新になります。なかなかHPに向かう時間が取れないで月日が過ぎていきました。今後は少しづつ更新していきたいと思います。

さて、こちらは企業の本社ビル(内部非公開)ですが、住宅部はファミリーのための設計になっています。まだ幼少期のお子様がお二人、父、母の4人家族の家。しばらくは、リビングでお母さんと一緒に勉強する感じですし、部屋も一人部屋だと寂しくて、怖いと感じとのことで、いまは子供部屋は繋がっていて、もう少し歳を重ねたら別けられるような設計になっています。いつでも居間にいながら、子供たちと気配を感じられるようにレイアウトしています。まだ、竣工前ですが少しだけお伝えいたします。

シリコンバレーとサンフランシスコ

私がロンドンのフォスター事務所に入った2004年頃には、すでにApple HQビルの大きなドーナツ型のパースが階段の上部に大きくプレゼンテーションされていました。あれから、10年以上経って、初めてみる実際のアップル本社です。もちろん本社には入れませんでしたが、ビジターセンターのディテールやそこから見えるものは、特別なものでした。建築的にも抜群に良かったです。

続いて、シリコンバーレにて、グーグル本社、FB本社、インスタ本社を見学。

そして、サンフランシスコでデヤング美術館 ヘルツォーク ド ムーロン

Seattle Library , OMA

シアトルに言ったので、OMAによる少し前の作品だが、中央図書館に行ってきました。市民の憩いの場になっている感じで良かったです。導線やコンセプトが明快でオランダらしい。周りのコンテクストを度外視したこういう建築もありだな、と思いました。空間のダイナミックさも味わえ、そういう意味では突き抜け感がありました。

Amazon Spheres を体験して

先日、シアトルに行ったときに昔の友人がシアトルに在住していて、その友達がアマゾンスタッフで案内して頂いた。まさに、OrganicDesignで、有機的な形態の空間で緑が気持ちが良く、ダイナミックな体験ができました。

 

学生さんとの対話

毎週、非常勤講師として某大学へ設計を教えに行っています。2年生を教えていますが、学生さん達がデザインを生む苦しみと対面します。やりたいことが感覚的すぎたり、または理論だけで生み出す空間がいまいちだったり、自分のデザインを上手く構成できない過程を目の当たりにします。当時の私も同じでした。笑 正直、2年生の段階でこういうプロセスは当然でうまく出来なくても気にしないで続けること。めげないでほしいです。でも、なかには上手くやる学生さん達が出てきます。そういうときは嬉しいですね~!

Annex プロジェクト

インテリアプロジェクト

企業本社プロジェクト