Annex プロジェクト

インテリアプロジェクト

企業本社プロジェクト

クリエイティブオフィス

インテリアプロジェクト

製作室よりインテリアプロジェクト例

製作室より、進行中の企業社宅 

現在設計中の企業社宅のスタディー途中

 

New year resolutions, 2018

明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

floroさんに作って頂いたこちらのミニマルな正月飾りのように、多岐のやりたいことをそぎ落としながら、一つ一つ確実に大きく動いてゆきたいと思います。

本年もどうぞ宜しくお願い致します。

コラボレーション Organic Design Inc × H2R Architects

弊社オーガニックデザインは、白井昌宏率いるH2Rと実験的、かつデザインアプローチを刺激し合えることを目的にテンポラリーでプロジェクトに応じてコラボレーションします。

そもそも私と白井氏とは、ヨーロッパで出会った友人という関係で、私が2002年の夏にOMA(ロッテルダム)に行った際に初めて知り合い、その後私がLONDONにSettledownしてからもお互いを行き来したりする建築仲間でした。2007年頃、白井氏もロンドンに住まいを構え、週末にはパブに行ったり事務所に遊びに来て頂いたりしていました。

そんな白井氏と東京に戻ってからも交流を続け、お互いの建築のアプローチの違いなどにいろいろ話して、なにかプロジェクトを一緒にやってみることで自分にはないデザインを吸収できるのではないか?と思いながら、実験的にデザイン交流という意味も含め、プロジェクトに応じてコラボレーションを開始します。

ロンドンで白井氏とサーペンタインに行ったときの写真と、中国・北京で彼が担当したCCTVの建設現場を案内して頂いたときの写真を以下に紹介致します。

ヨーロッパで経験した二人にプロジェクトを頼んでみたいという遊び心のあるお客様、是非ご相談ください。

 

Unicode

Unicode

フューチャーシステムズの同僚がロンドンから遊びに来てくれました。

今日はアンドレアとリズという、フューチャーシステムズでの同僚が遊びに来てくれました。現在アンドレアはロンドンでアトリエ事務所であるShiro Studio を主宰して、リズはHeatherwick Studioのスタッフである。

 

今日は東京大学の院生・学部生で構成されているARCHILEON(アーキレオン)という集団(代表平山さん・坂井さん・彦坂さん)が3Dプリンターロボット形式の壁面作りの今後の展開について考えているそうで、先日Organic designにカーブの壁の効果やニーズ、今後の展望や所感などをざっくばらんにインタビューに来てくれて、そのときに、ちょうどこの日に英国から建築デザイナーが来るから、一緒にくる?と話したら、二つ返事で合流することになりました。

カフェで対談になり、様々な意見交換が行われました。言うまでも無くとても優秀な学生さんで大学3年生の坂井さんと彦坂さんのプレゼンも非常に上手で今後の展開が楽しみです。

夏のインターンシッププログラム 建築見学会

先日、夏のインターンシッププログラムの最終ということで、インターン生達と建築視察ツアーにでかけました。

結果、天候以外は素晴らしい建築視察となりました。

・武蔵野美術大学 図書館(藤本氏設計)内部の撮影は不許可

・武蔵野プレイス(川原田氏設計)

 

・表参道 東急プラザ屋上(NAP設計)

写真撮れず。(雨)

・コムデギャルソン南青山(FUTURESYSTEMS設計)

写真撮り忘れ。

・プラダ表参道(H&D設計)

見学はウェルカムでしたが、写真は不許可

・Sunny Hills表参道(隈氏設計)

寛いでしまい、写真撮り忘れ。

 

・北斎美術館(SANAA設計)

以上を見学し、上野駅に戻ったのでした。(ほぼ1日かかり)

上野駅もなかなか良かった!(笑)オマケ ロンドンウォータールー駅舎インテリアの雰囲気。以上。

鎌倉へ行って

先日、建築家の友人のセカンドハウスがある鎌倉に家族で行ってきました。その際、最近ノーマンフォスター設計の住宅(旺文社社長のゲストハウス?)を鎌倉市が買い取り、鎌倉歴史交流館として一般公開されているということで、行ってみました。私は2005年に一度、訪れた思い出がありました。当時はフォスター事務所(group5)から連絡を取って貰って見学させてもらったので、まだ内部がゲストハウス仕様でした。住宅と言っても、当時は社交のためのゲストハウスだったような気がしました。あまりノーマンらしさのある住宅では無いのですが、周りの過去の遺跡はそのまま庭に取り込んでいたり、そういう部分は良い部分なのだと思います。当時から、美術館のような収蔵品が展示されていたり、照明も特殊でした。

今回行ってみて、懐かしい気持ちはあったのですが、相変わらず美術館のようでした。近くにあった古我邸(フレンチレストラン)がこちらもなんとなく英国風でかわいらしい感じで、行ってみたいと思わせる雰囲気でしたね。こちらもご覧下さい。

kamakura-koga.com