H ZETTRIOのMVでReBarの空間で演奏して戴き、嬉しく思います。Organic Design Inc

if design award 2020 Discipline: Interior Architecture 受賞しました。

 

Webメディア Architizer に「ReBar」が掲載されました。

 
 

H ZETTRIOさんに利用していただきました。

 

オーストリアの建築雑誌 architektur に「ReBar」が掲載されました。

 

 

オランダの建築ウェブFrameに「ReBar」が掲載されました。

 

AXIS Web Magazineに「ReBar」が掲載されました。

 

design boomに「ReBar」が掲載されました。

 

ArchDailyに「ReBar」が掲載されました。

 

韓国の建築雑誌BOBに「ReBar」が掲載されました。

 

韓国の建築雑誌ARCHITECTURE&CULTUREに「ReBar」が掲載されました。

architecturephoto.netに「ReBar」が掲載されました。

 

Ait Web:

Warehouse Market Tokyo ReBarのコンセプト:

躍動感を通し、モチベーションを増幅させる“鉄筋”の壁

芝浦の築33年の大手電機メーカーの倉庫兼R&D(研究開発)センターとして使われていた建物の一部をリノベーション。今回設計した150㎡は、1380㎡のフロアを使う将来のクライアント企業へのプレゼンテーションの役割も果たす。

まず、建物が全館空調のため、空気流れを妨げない壁を作る必要があった。そこで壁の役割を再定義することから設計をスタートさせた。

Warehouse Market Tokyo 『ReBar』 の、” ReBar”とは、”鉄筋(Reinforced Bar)”の意味。

鉄筋は普段、コンクリート(Reinforced Concrete)の強度を確保するものとして使われ表に出てくるものではないが、今回はコンクリートの覆いを外しながら空間を包み込んだ。内部で行われるレクチャーやディスカッション、ブレーンストーミングなど、企業活動を躍動させる対話が、鉄筋メッシュの壁から自然と”溢れ出す”ことを狙っている。

『ReBar』の壁は隔てるものではなく溢れ出すもの、中と外で化学反応を起こしながら、入居した企業がクリエイティブな成長を遂げる様をイメージした。

心理的に落ち着く水色の内部空間と、執務空間を隔てるホワイトの無機質な異形鉄筋。熱量を交換し増幅できるインタラクティブな鉄筋の壁が、組織のモチベーションを上げる役割を担うことを期待している。

Photo : Y.Okamura

------------------------------------

2 Stories BuildingがArchiDailyのBuilding of the Year Awards 2019にノミネートされました。

 

The Parking Project

オランダの建築ウェブのArchelloに掲載されました。Lounge project for a logistics company

 

USAのDWELLに掲載されました。Lounge project for a logistics company

 

USAのArchinect に掲載されました。Lounge project for a logistics company

 

Italia の DesignBoom に掲載されました。Chirdren rooms, Annex Project

USA の Archidaily に掲載されました。Two Stories building 

Italy の DesignBoomに掲載されました。 Two Stories building

オランダの建築ウェブのArchelloに「Two stories building」が掲載されました。

USAのDWELLに掲載されました。TWO STORY BUILDING

USAのArchinect にTwo stories buildingが掲載されました。

 

オランダの建築ウェブのArchelloに「Kawagishi Warehouse」が掲載されました。

USAのDWELLに掲載されました。Kawagishi Warehouse

2018年10月

Pocket Park

2018年6月

今年のミドリノカーテンはたったの2株でスクリーンいっぱいになりました。サンシェードかつ目隠し効果もあり、朝から窓からのミドリの景色で空間が広がります。

test

test

test

 

2017年12月

 コラボレーション Organic Design Inc × H2R Architects

弊社オーガニックデザインは、白井昌宏率いるH2Rと実験的、かつデザインアプローチを刺激し合えることを目的にテンポラリーでコラボレーションをプロジェクトに応じて協働します。詳しくはコチラ

 

2017年10月

フューチャーシステムズの同僚がロンドンから遊びに来てくれました。

今日はアンドレアとリズという、フューチャーシステムズでの同僚が遊びに来てくれました。現在アンドレアはロンドンでアトリエ事務所であるShiro Studio を主宰して、リズはHeatherwick Studioのスタッフです。続きはblog

 

 

 

2016年9月15日

 毎週日曜日20:55からBSフジで放送されている番組「たとえばこんな暮らし」に「ミドリのカーテンのイエ」が紹介されました。

 

2016年7月28日木曜日
100%LiFE(マガジンハウス)に「ミドリのカーテンのイエ」か掲載されています。

[/column_tc][/section_tc]

PORTFOLIO

MEDIA / PUBLICATIONS / PRIZE

こちらのページをご覧ください。

GREEN PROJECT

BLOG

office

Organic Design Inc.

オーガニックデザイン 一級建築士事務所

一級建築士事務所 埼玉県知事登録 (1)第10693号

一級建築士 大臣登録 第337961号 管理建築士 大臣登録 第68531号

■ TOKYO スタジオ 

〒150-0012  東京都渋谷区広尾1-10-5 #1004  Phone:070-2172-3720

最寄り駅は恵比寿駅になります。(徒歩8分)明治通り沿い、天現寺方面に歩きます。

■ 戸田公園事務所・本社(クリエイティブファクトリー)

〒335-0015 埼玉県戸田市川岸3-7-20 川岸倉庫A-3
Phone:048-229-1576 Fax:048-229-2368

電車でお越しの方

戸田公園駅改札を右(西口)に出て、交番の方向の階段を利用。
そのまま線路沿いを歩き、テニスコート方面に進み、東横インが見えます。
東横インの交差点の斜向かいが当社になります。

車でお越しの方

一般道からは、国道17号戸田橋・東横イン近く。
高速道路は戸田南ランプを降り、1つ目の信号を右折。
戸田公園駅、または東横インを目指してください。 
東横イン斜向かいの倉庫になります。

MAP

CONTACT

気がね無くご連絡ください

PHONE

 

Mon-Sat

Phone:048-229-1576

Fax:048-229-2368

E-MAIL

 

info@organicdesign.co.jp 

 

 

ADDRESS

 

〒335-0015 

埼玉県戸田市川岸 

3-7-20川岸倉庫A-3