English breakfast ~full breakfast~

イングリッシュブレックファストの話

explanationfull-english-breakfast

ロンドンにいたときに、最初はこのENGLISH BREAKFASTを食べたものです。お店では内容・量をチョイスでき、FULL BREAKFASTというメニュは概ね、こんな感じで一式出てきます。いまや、見るだけで胸やけします(笑)が、一年になんどかイングリッシュブレックファストかフィッシュアンドチップスが食べたくなります。

内容は、ベーコン、ソーセージ、ジャガイモ(ポテトフライ)、エッグ(選べる)、焼きトマト、焼きマッシュルーム、ビーンズ、三角形の焼き食パンなどが一般的で、日本人女性には多すぎます。

こんな感じのパブやカフェで食べられます。

cafe%20brunchcafepub

このメニューはイギリス全土、パブか、カフェで食べられます。ちなみにブレックファストとはいえ、一日中オーダーできます。当時、フルブレックファストで5~6ポンド。サンドイッチとかもありますが、じつはイギリスのサンドイッチはあまり美味しくないのです。塩味が効いてない。だから、敢えてブレックファストを頼んでいました。サンドイッチについては、日本のセブンイレブン等のほうが美味しいです。ロンドンにはプレタマンジュというのがありますが。。。あそこはパニーニがいいですね。

ロンドンに行き、頼むものに困ったらフルブレックファストを体験するのも良いでしょう。(笑)

また、こんどフィッシュアンドチップスについて書きたいと思います。

ヨーロッパの駅舎のデザインは気持ち良い。

Unicode
トラディショナルなヨーロッパの駅舎は主要な駅はこのようなデザインが典型的です。ドイツでもフランスでもスペインでもこういうアーチ状の屋根がかかっているところが多く、トップライトも十分確保されて、明るく開放的ですよね。海外にいったことのある方は見たことがあると思います。この写真はブライトンですが、ロンドンウォータールーやビクトリアなどもこういったデザインです。背景が絵になりますよね~。日本はお国柄か、こういうセンスはないですよね。笑 でも、電車の時刻表の正確性、本数の多さなどはすごいですけど。ロンドンの小さい駅は小さい駅で作りに特徴があります。木製の欄間があったり、木製の下がり壁に駅の特徴があったりします。また、ロンドン行きたいなぁと思うこの頃です。