大学の設計講評会 

今年も大学生の前期の課題の講評会が行われました。住宅設計の課題で「外のある家」というテーマの家です。

みんなよく頑張りました。うまくできなかった人も、切り替えて次がんばりましょうね。

街の縁側プロジェクト くぼみアパートメント 

くぼみアパートメントが2020年から計画し、延期等を経て着工しました。2区画の敷地で、長屋と共同住宅がそれぞれに立ち、住人たちがくぼみ中庭に集い、コミュニケーションを促します。また、地域の人が立ち寄り、近隣関係の希薄な地域社会に少しでもつながりが持てる地域社会ができたらと思います。

土間コンの前のやや小さめの割栗石です。

比較的軟弱地盤のため、沈下防止の為、捨てコン前に締め固めしています。

 

 

 

 

 

街の縁側プロジェクト 縁箱BLDG上棟しました。

鉄骨が上棟しました。隣地にはもっと高い建物もある中、3階建てで抑えて、街に馴染む大きさにしています。

今後、この建物が住宅地と商業エリア、公的大型施設とを繋ぐ淵の場所に、街の縁側を作りたいと思います。バルコニー部分とバルコニー軒下がぬれ縁(縁側)として、多くの高齢者住まい、ファミリー住まいが近接する地域と商業、官公庁施設をつなぐあいだに位置する建物です。

鉄骨工場検査 監理

現在、鉄骨造に取り組んでいる建物の工場検査の様子です。

検査は階段の仕様以外は問題がなく、終わりました。

今は現場に横たえています。

 

住宅リノベーションプロジェクト(仮称)スタート

リノベーション前の雰囲気

↑一旦、壁をスケルトンにして、今後、柱や梁を補強しながら、一体空間を形成していきます。

東京都内のリノベーションプロジェクトがスタートしました。元々はリビングとダイニングとキッチンと収納室が4つに別れていたのですが、ワンスペースにして繋げて、新たな家族が住みやすいよう、一体になれるように配慮しています。間取り的、構造柱的に、簡単ではありませんが、構造調整などを構造家に入って頂き、広いスペースを可能にしています。

 

経年劣化感のある無垢素材を使って

木の素材は経年した素材がビンテージ感として人気があります。一昔前までは、高級木材のサクラ、メープル、ホワイトウッドなど洗練された木材が人気だった。そのもっと前は、マホガニー、チーク、といった重い感じの高級感が人気があった記憶があります。洗練された木材から見れば、今は敢えての経年劣化させた素材が人気なのは、美的価値観の変遷なのか、発注者の嗜好が変容してきているからなのでしょうか。

車も昔の人の憧れの車と今の人の憧れの車も変わってきているように、インテリアのテイストも10年毎くらいに発注者の年代も変わり、嗜好も変わって来ることがあります。

ビンテージ感などはヨーロッパのコンバージョンホテル的な感じや、アメリカの西海岸のカリフォルニアテイスト、ハワイのモアナの感じなど、共通しているのは、アンティーク、シャビーな感じがみんな愛着があるということなのだろうか。

少し前のオフィスリノベのプロジェクトでも、エイジドウッド(熟成させた?傷あり、不陸あり、敢えての不揃いの木材)を使いながらやりました。

 

DialogueさんのMVの背景に

Dialogue+さんの楽曲MVでこの場所(Re Bar)を使って頂いて、大変嬉しいし、光栄です!元気が出てくる感じです。頑張ってください!でも,アイガッテ ランテってなんだろう。。。

MVはこちら

 

現場レポート2 根切、床付け、親杭横矢板

現場進行中~。ガラも出てきてしまいました~。

現場レポート1 くい打ち終了

OrganicDesign が設計監理しております物件が昨年着工しまして、着工後、推進がやや停滞気味でしたが、杭打ちがほぼ1週間で全て終わり/1日4本ペースで驚異的なスピードで完了しました。40Mほどにある支持層に固定するわけですが、施工会社のお陰もありまして、速やかに終了。2022年は基礎から建物です!

毎年のインターン研修が素晴らしい

今年も大学生3年生のインターンシッププログラムにて学生さんがOrganicDesignに来てくれました。今年のインターン生の小坂さんも大変優秀でした。まずは、前半で難解な階段の部分模型を正確に作ってくれて、後半の「くぼみアパートメント」のライノセラス、およびレタッチをほぼ3日間でやり遂げました。初めての操作だったにも関わらずここまで書き上げられたのは、吸収力と集中力があるからだと感心しました。

街の「くぼみアパートメント」の中庭の様子

くぼみアパートメント project

くぼみアパートメントは、単身者向けのフラットで、基本社会人向けです。このフラットの人、地域の人、いろんな話題でテーブルを囲んで一人暮らしだけど、繋がりができる「くぼみ」を含有している単身者向け集合住宅です。社会人は平日は忙しいでしょう、週末に自分の部屋で洗濯がまとめてできるように、各部屋にランドリーが付いています。コロナ禍に孤立しがちな人たちも、誰か繋がりが持てると住環境ができるように願っています。

現在、昨年10月頃から取り組んでいるプロジェクトがやっと実施設計が終わり次のフェーズに行こうとしてますが、木材の供給がコロナ事情で停滞しており、早くコロナが全世界的に収束していくれればと思うばかりです。

NEW PROJECT スタート 縁側バルコニー

縁側バルコニーBLDG(仮称)が始まりました。住宅地に囲われながら、街ゆく人が縁側感覚で吸い寄せられる空間を建築周囲に巡らせました。北側の眺望が開けているので、眺望を楽しめる縁側バルコニーベンチに気がついて上がりたくなるように作りました。

リモートでの設計授業は新たな視点

今年も大学の建築学部2年生の設計課題を担当しましたが、コロナ禍の為リモート授業でした。いままでは対面だったのでエスキースの初期から紙で作った模型や、スケッチの交換で意思疎通ができていましたが、模型のやり取りがリモートの画面だと少し解りにくく、代わりにライノを使った学生のCGによるエスキースが功を奏した感じになってしまいました。今回はスケールアップする際に新たに作る作業がありますが、CGはそれが不要になるため、その部分で画面に伝えるためには有利でした。でも、模型で表現して突破できなかった学生には、模型もやっぱり重要で、うそいつわりないというか、弱い部分も自分で作っていく工程で見逃さず現れます。一方、CGも絵と同じで、CG的(絵的)にはその技術やタッチにより、とても良さそうだったり幸せそうな絵が描けてしまいます、それが故に見たくない部分を過小評価しないようにしなければなりません。

模型から建築を考えデザインをする手法はとても大事なプロセスです。一方CGによる設計プロセスも模型ではやりにくかったプロセスを踏むことができます。両者をうまく使い分けて両方できる方が良いですね。

私が担当した班の学生さんはCGが上手くできないことが、考えを表現することの弊害になっていると悩んでいました。建築を始めた大学生にとって考えを形に表現することは難しい事です。でもそんな自分をきちんと俯瞰できているところなどは見込みが十分あると思いました。そういう意味でも学生さんには模型とCG両方ができるようになって欲しいと思います。