ReBar

Photographer: Y.Okamura

/ReBar Project

Motivating ‘Rebar’ walls, in an office designed for pervasive dynamism

This renovation transformed part of a 33-year-old building in Shibaura, Tokyo, that once provided warehousing and R&D space for a leading electronics company. Design of the 150 m2 area was also undertaken to attract a future corporate tenant who will use all 1,380 m2 of the floor space.

A primary consideration was that any walls erected should not impede airflow of the central air conditioning, which suggested that we should approach the project by redefining the role of office walls.

The name Warehouse Market Tokyo ReBar derives from the rebar used.

Normally these bars are embedded to create reinforced concrete with high tensile strength. Here, bare bars trace the perimeter of the room. Our intent was to let the internal conversations that drive company activities – lectures, discussions, brainstorming, and so on – spill out naturally through the mesh of steel bars.

Walls at ReBar were envisioned to encourage overflow instead of separation, which, through the chemistry between the work done inside and outside here, may foster the creative growth of a corporate tenant.

A relaxing light blue sets the tone of the inner area, with the partition being a crystalline lattice of white bars. We hope the bars form a kind of interactive wall that circulates and amplifies workplace enthusiasm, motivating members of the organization.

Lounge Space Renovation

ミナモト ラウンジ スペース : 倉庫に付随するラウンジスペース

 

Photographer: Y.Okamura

本リノベーションプロジェクトは、物流企業代表が昨今の物流事情の過密・ドライバー不足・パート従業員の確保の難しさ等の諸問題を改善したいと思い、従業員の労働環境の向上やCIの向上を目指したプロジェクトである。

現場は約築35年経過した配送倉庫で古いスチールデスクを並べ、事務所メインの端っこに休憩所が設けられていたが、だんだん事務所より休憩所利用が多くなるように変わってきており、現状との用途の違いが際立っていた。

施設的問題点は、スペース全体が利用できていないことや休憩する場所が古いスチールデスクで代用、トイレがすべて和式のままで現代とはそぐわない点、従業員への来客のためのちょっとしたデスク、ラップトップでの作業もやりたいという声があがり、それらを総合的に考慮し、「従業員をメインとするラウンジ」にすることで、従業員の休憩(昼食スペース)をより快適にし、フレキシブルに打ち合わせ、PC作業などもそこで可能になるように本企画が提案した。

この他に、過去は比較的男性多勢だった物流業界において、古くからあるアメニティースペースの問題点や不足しているドライバーや梱包作業などの細かい作業に女性の活躍が台頭しており、彼ら、彼女たちがここで快適に過ごせることが会社にとってもプラスになる構造である。

2 Stories BLDG Int.

Photographer : Yukinori Okamura

Children Space

Photographer : Yukinori Okamura

Green Screen House

Kawagishi Warehouse

K邸

  • 2013

T邸

Nursery school

Heathrow Virgin Airline T3 Upperclass