軽井沢とエルミタージュ・ドゥ・タムラ ~French cuisine at Karuizawa~

仕事で軽井沢に行ってきました。

関東では桜の開花宣言がされましたが、軽井沢はまだまだ冷えますね。

今日は「森の扉」という会社の梅村さんご夫妻と、PACE AROUNDというアンティークのお店でミーティング。面白いことにロンドンコネクションで、旦那様が初めて行ったのがイギリスということで、ロンドンの話や奥様のEssex州でのガーデニング鑑賞の話など、いろいろ話しました!こちらのPACE AROUNDのオーナーさんもアンティーク家具をロンドン北部の方に買い付けにいくそう。私は南ロンドンのルイスの街がアンティーク家具の街なのは知っていたのですが、ロンドンに北にあるのですね。軽井沢のこちらでロンドン繋がりが集まったのも何かの縁。

それから、森の扉さんの仕事ぶりをご自邸で見せて頂き、これもまたセンスの良い感じで共感しました。「今後なにか一緒にモノづくりができる」という予感です。

そして仕事を終え、夕食はなんとスタッフの幼馴染がトップシェフの「エルミタージュ・ドゥ・タムラ」へ。作家の水上勉さんの別荘を現代的なガラスで覆って改装したレストラン。

現代の要素と懐かしい感じが交じり合う空間。

料理は、初めの1品目からクリエイティブ溢れる現代的な前菜でした。仕事を終えた安堵感からワインを飲みながら、シェフのおすすめのコースを堪能しました、素晴らしかった。ソムリエの方が説明してくださるワインもとても美味しいですよ。

皆さんも、軽井沢に行かれた時は「エルミタージュ・タムラ」でランチかディナーを楽しんでみてはいかがでしょうか?